こころあたたまるお葬式

葬儀は適切な会社に依頼しよう│お別れ儀式サポーター

自由なスタイル

一般的な流れ

墓

日本の葬儀の場合、故人が亡くなってから四十九日法要までの流れが一般的に決まっており、同じ大阪の葬儀社でもその流れは同様になりつつあります。基本的に、故人が亡くなってから葬儀社に連絡し、その後寝台車に乗せて故人を安置します。この時に会社と遺族でプランを組みますが、通夜や告別式を行なう場合であれば、会場の手配や祭壇の用意まで依頼します。その後火葬を行ない、お骨上げ後、初七日や四十九日法要を行ないます。大阪でも、依頼する会社によって、四十九日法要までサポートしてくれる会社と初七日法要までのサポートになる会社など様々なので依頼するときに尋ねておくのが良いでしょう。告別式を行わないシンプルなプランは直葬と呼ばれ、安置後翌日には火葬という流れになります。

変わりゆく葬式スタイル

葬儀は火葬をするのが一般的と言われてきた日本でも、昔に比べてその形が変わりつつあります。大阪の葬儀社の中には、自由葬と呼ばれる式のスタイルを提供している会社もあり、依頼する遺族の求める式をすることができます。火葬を行わない埋葬をする遺族もいれば、火葬後の遺骨や遺灰を故人が好きだった場所に撒くという人もいます。基本的に海外に比べても宗教色があまり強くないと言われる日本では、葬式にもそこまで強い縛りが無いので、柔軟に対応してくれる会社を選べば求める葬儀を執り行うことができます。核家族化が進む現代では家族葬や密葬、自宅葬など多くのスタイルが誕生していますが、今後も時代の変化に合わせて様々な葬式が誕生することが予想されています。

Copyright(C) 2015 葬儀は適切な会社に依頼しよう│お別れ儀式サポーター All Rights Reserved.

トップページへ